FC2ブログ

うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
石井裕也のシネモグラ♪
『ハラがコレなんで』 『あぜ道のダンディ』 監督・脚本
ISHII YUYA
石井 裕也




1983年生まれ、埼玉県出身の日本の映画監督。
大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了。
2005年『剥き出しにっぽん』を大阪芸術大学の卒業制作として監督、第24回そつせい祭グランプリを受賞する。その後2007年、第29回ぴあフィルムフェスティバルにおいても、同作はグランプリを受賞。受賞コメントで石井は、「400万円の制作費を捻出するために青春を台無しにした」と語っているらしい。
2008年に行われた第37回ロッテルダム国際映画祭では『剥き出しにっぽん』を始め、京都国際学生映画祭やTAMAシネマフォーラム、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にノミネートされた低予算映画『反逆次郎の恋』、大阪市より助成金が給付され制作された2007年の映画『ガール・スパークス』、そして『ばけもの模様』の計4作品が選出され、特集上映された。国際舞台のみならず日本でも殆ど名を知られていない新人監督の自主制作映画が特集上映されるという異例の待遇を受け、開催期間中はその前評判から各上映のチケットが完売となり約4000人を動員、大きな反響を得た。ただし英語の字幕についてはシナリオに不適合な翻訳がなされた部分もあり制作者側からも意見が出され、今後の課題とされたらしい。
その後、続けて第32回香港国際映画祭においても長編4作品が特集上映され、さらにアジア・フィルム・アワードでは第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞した。 また、とあるインタビューのなかで劇中のアイテムとして「人間の排出物」「野球のバット」が頻繁に登場する傾向について問われ、石井裕也は比較的まじめに回答した。
2009年、第19回PFFスカラシップ作品として長編映画『川の底からこんにちは』(主演:満島ひかり)を完成させた。満島ひかりと2010年10月25日に入籍した。


-FILMOGRAPHY-

【短編映画】
ラヴ・ジャパン(第1回CO2映画祭、審査員奨励賞受賞)
蝉が泣く(第9回調布映画祭、横濱国際芸術祭2005入選)
八年目の女二人(東京ネットムービーフェスティバル、優秀作品賞受賞)
東京の空の雲はナタデココ(第10回調布映画祭、審査員賞受賞)

【長編映画】
剥き出しにっぽん (2005)
 第29回ぴあフィルムフェスティバル
 「PFFアワード2007」グランプリ&音楽賞(TOKYO FM賞)受賞

反逆次郎の恋 (2006)
 京都国際学生映画祭2006 第8回TAMAシネマフォーラム入選
 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008入選

ガール・スパークス (2007)
 第3回シネアスト・オーガニゼーション大阪エキシビジョン
 Panasonic技術賞・DoCoMo女優賞受賞

ばけもの模様 (2007)
君と歩こう (2010)
 第22回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門出品
 第50回日本映画監督協会新人賞最終候補

川の底からこんにちは (2010)※第19回PFFスカラシップ作品
 モントリオールファンタジア映画祭2010 最優秀作品賞・最優秀女優賞受賞
 第32回ヨコハマ映画祭 新人監督賞、主演女優賞受賞
 第53回ブルーリボン賞 歴代最年少で監督賞を受賞

あぜ道のダンディ(2011年6月18日公開)
ハラがコレなんで(2011年11月5日公開)

-------------------------------------
※『ハラがコレなんで』 プログラム(1部700円)上映期間中販売。
※『あぜ道のダンディ』 プログラム(1部600円)上映期間中販売。
※「シネモグラ」とは、「シネマ・フィルモグラフィー」の略。

石井裕也公式サイト
http://mukidashi.com/


  ●   ○   ●   ○   ●   ○

2012
2月4日(土)~2月17日(金) 2週間上映♪

石井裕也監督作品2本立て

『ハラがコレなんで』10:50 15:10 19:25

『あぜ道のダンディ』13:05 17:20




マッドハウスのシネモグラ♪
アニメーション企画・制作会社
株式会社マッドハウス
MADHOUSE Inc.


1972年10月、虫プロダクション(旧社)の従業員だった丸山正雄、出崎統、りんたろう、川尻善昭らが、同社の経営危機をきっかけに独立して設立。同社の石神井スタジオのメンバーが中心になった。初代の社長は虫プロの制作管理スタッフだったおおだ靖夫が務めた。
以前の本社スタジオは東京メトロ丸の内線南阿佐ヶ谷駅付近の元ボウリング場。りんたろう色彩設計によるスタジオは「まるで幼稚園のようだ」と言われるほどアニメ界では珍しいカラフルなスタジオであったが、2004年に東京都杉並区荻窪に移転。2010年1月、中野区本町に本社・スタジオを再び移転した。


【アニメ映画 製作・制作協力作品】
「エースをねらえ!(劇場版)」1979年
「ユニコ」1981年
「夏への扉」1981年
「浮浪雲」1982年
「幻魔大戦」1983年
「ユニコ 魔法の島へ」1983年
「はだしのゲン」1983年
「SF新世紀レンズマン」1984年
「ボビーに首ったけ」1985年
「カムイの剣」1985年
「はだしのゲン2」1986年
「火の鳥 鳳凰編」1986年
「時空の旅人 -Time Stranger-」1986年
「グリム童話 金の鳥」1987年
「妖獣都市」1987年
「ほえろブンブン」1987年
「ゴキブリたちの黄昏」1987年
「銀河英雄伝説 -わが征くは星の大海-」1988年
「魔物ハンター妖子」1990年
「風の名はアムネジア」1990年
「うしろの正面だあれ」1991年(制作協力)
「うる星やつら いつだってマイ・ダーリン」1991年
「YAWARA! それゆけ腰ぬけキッズ!!」1992年
「獣兵衛忍風帖」1993年
「お星さまのレール」1993年
「かっ飛ばせ! ドリーマーズ -カープ誕生物語-」1994年
「アンネの日記」1995年
「あずきちゃん(劇場版)」1995年
「X -エックス-(劇場版)」1996年
「MEMORIES」EPISODE 2 最臭兵器1996年(オムニバス中の1話)
「PERFECT BLUE」1998年
「スーパードール★リカちゃん リカちゃん絶体絶命! ドールナイツの奇跡」1999年
「劇場版カードキャプターさくら」1999年
「CLOVER」1999年
「劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード」2000年
「劇場版ケロちゃんにおまかせ!」2000年7月15日
「アレクサンダー戦記」2000年
「PARTY7」2000年
「VAMPIRE HUNTER D」2001年
「メトロポリス」2001年
「Di Gi Charat 星の旅」2001年
「WXIII 機動警察パトレイバー」2002年
「千年女優」2002年
「茄子 アンダルシアの夏」2003年
「東京ゴッドファーザーズ」2003年
「劇場版 NARUTO -ナルト- 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!」2004年(制作元請:Studioぴえろ、制作協力)
「劇場版 NARUTO -ナルト- 大激突!幻の地底遺跡だってばよ」2005年(制作元請:Studioぴえろ、制作協力)
「時をかける少女」2006年
「ゲド戦記」2006年(制作元請:スタジオジブリ、作画協力)
「劇場版 NARUTO -ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ」2006年(制作元請:Studioぴえろ、制作協力)
「パプリカ」2006年
「劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY」2006年(制作協力)
「ピアノの森」2007年
「劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝」2007年(制作協力)
「シナモン the Movie」2007年
「ねずみ物語 〜ジョージとジェラルドの冒険〜」2007年
「劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸」2007年(制作元請:Studioぴえろ、制作協力)
「HIGHLANDER ハイランダー 〜ディレクターズカット版〜」2008年
「劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆」2008年(制作協力)
「HELLS ANGELS」2008年(第21回TIFF animecs 公式上映作品)
「劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ」2008年(制作協力)
「サマーウォーズ」2009年
「マイマイ新子と千年の魔法」2009年
「よなよなペンギン」2009年
「TRIGUN Badlands Rumble」2010年
「REDLINE」2010年
「とある飛空士への追憶」2011年
「チベット犬物語 〜金色のドージェ〜」2012年

【今後の待機作】
「おおかみこどもの雨と雪」2012年7月公開(制作元請:スタジオ地図、製作)
「夢みる機械」(時期不明)


                                  -ウィキペディアより-

マッドハウスのフィルモ展示

  ●   ○   ●   ○   ●   ○

1月21日(土)~2月3日(金) 2週間上映♪

『スマグラー おまえの未来を運べ 』 10:45 15:00 19:15

『とある飛空士への追憶』 13:00 17:20



ファナ~~~!ヾ(´Д`*)~★
妻夫木聡のシネモグラ♪
『スマグラー おまえの未来を運べ』 主演(砧 涼介役)
SATOSHI TSUMABUKI
妻夫木聡



1980年12月13日生まれ。福岡県出身。
98年にTVドラマ「すばらしい日々」でデビュー。01年に主演した映画「ウオーターボーイズ」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞などを受賞し、一躍人気と実力を兼ね備えた俳優に。03年「ジョゼと虎と魚たち」でも数々の賞を受賞。07年には野田秀樹演出の「キル」で初舞台を踏み、09年の大河ドラマ「天地人」で主演を務めるなど、映画、テレビドラマ、CMなど活躍の場は多岐にわたる。
自ら主演を熱望した「悪人」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。本年公開予定作品は、山田洋次監督作品、家族の物語「東京家族」。
三池崇史監督作品、熱烈青春恋愛映画「愛と誠 201X」。
                 
                      「スマグラー おまえの未来を運べ」プレスシート参照

-FILMOGRAPHY-
「なぞの転校生」1998
「GTO」1999
「富江 re-birth」2001 
「ウォーターボーイズ」2001
「SABU ~さぶ~」2002
「Jam Films~JUSTICE」2002 
「ドラゴンヘッド」2003
「さよなら、クロ」2003
「ジョゼと虎と魚たち」2003
「きょうのできごと」2004 
「約三十の嘘」2004
「69 sixty nine」2004
「ローレライ」2005 
「鉄人28号」2005
「春の雪」2005
「やわらかい生活」2006
「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」2006 
「涙そうそう」2006
「どろろ」2006
「歌謡曲だよ、人生は」2007 
「憑神」2007
「クワイエットルームへようこそ」2007
「ザ・マジックアワー」2008
「闇の子供たち」2008 
「TOKYO! ~インテリア・デザイン」2008 
「パコと魔法の絵本」2008 
「ブタがいた教室」2008
「感染列島」2009 
「ノーボーイズ・ノークライ」2009
「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ」2009 
「悪人」2010
「マイ・バック・ページ」2011 
「スマグラー おまえの未来を運べ」2011

-------------------------------------
※『スマグラー おまえの未来を運べ』 プログラム(1部800円)上映期間中販売。
※「シネモグラ」とは、「シネマ・フィルモグラフィー」の略。

妻夫木聡のフィルモ

2012
1月21日(土)~2月3日(金) 2週間上映♪

『スマグラー おまえの未来を運べ 』 10:45 15:00 19:15

『とある飛空士への追憶』 13:00 17:20

石井克人のシネモグラ♪
『スマグラー おまえの未来を運べ』監督・脚本・編集・画コンテ
KATSUHITO ISHII
石井克人



1966年、新潟県生まれ。92年CMディレクターとしてデビュー。
95年短編映画「8月の約束」で監督デビュー。98年望月峯太郎原作「鮫肌男と桃尻女」。その後は、ホテルに集まった7人の人間が巻き起こす大騒動を描いた「PARTY 7」(00)などのヒット作を放ち、世界的に注目される。
04年「茶の味」では、同年のカンヌ国際映画祭の監督週間でオープニング上映を飾り、世界中の注目を集めた。さらに「ナイスの森The First Contact」(04)、「按摩と女」(38)をリメイクし、草 剛が主演した「山のあなた 徳市の恋」(08)などを発表。一方ではクエンティン・タランティーノ監督「キル・ビルvol.1」(03)のアニメパートを担当。
「RDE LINE」(10)では企画、原作、キャラクターデザイン、音響監督などを担当。SMAPのPV「BIRD MAN FLY」などを手がけるなど、多彩な才能を発揮している。
                 
                      「スマグラー おまえの未来を運べ」プレスシート参照

-FILMOGRAPHY-
◆「八月の約束」1995
◆「鮫肌男と桃尻女」1999
◆「PARTY 7」2000
◆「茶の味」2004
◆「ナイスの森 ~THE FIRST CONTACT~」2006
◆「NEW HAL&BONS」2006
◆「山のあなた~徳市の恋」2008
◆「RED LINE」(企画、原作、キャラクターデザイン、音響監督)2010
◆「スマグラー おまえの未来を運べ」2011

-------------------------------------
※『スマグラー おまえの未来を運べ』 プログラム(1部800円)上映期間中販売。
※「シネモグラ」とは、「シネマ・フィルモグラフィー」の略。

石井克人のフィルモ

1月21日(土)~2月3日(金) 2週間上映♪

『スマグラー おまえの未来を運べ 』 10:45 15:00 19:15

『とある飛空士への追憶』 13:00 17:20


原作 『猿の惑星』のシネモグラ♪
『猿の惑星』(さるのわくせい、La Planète des singes、アメリカ:Planet of the Apes、イギリス:Monkey Planet)は、フランスの小説家ピエール・ブールによるSF小説。同名の映画版とともに知られる。

それまでに類をみないストーリー展開と人間社会への辛辣な風刺をこめた作風は今なお高く評価されている。ブールが仏領インドシナにて現地の有色人種を使役していたところ、同じ有色人種である日本人の率いる軍の捕虜となった「立場の逆転」の経験を基に描かれたという説もある。しかし、実際にはブールを捕虜にしたのはヴィシー政権下のフランス軍である。またその結末は、ロッド・サーリングによって書かれた映画版におけるハリウッド的で視覚に訴えるものと異なり、さらにもうひと捻りしたものになっている。

【ストーリー】
太陽系の調査がほぼ達成された近未来、人類初の恒星間飛行が行なわれることになった。目的地は地球から300光年先のベテルギウス。宇宙船内で2年間、実際の時間で300年を経て3人の宇宙飛行士が到着した惑星は、猿(類人猿)が人間を狩る星であった。

映画版と異なり、猿には手足が6本あり、英語ではなく独自の言語を話している。また、結末は二重オチになっている。

【日本語訳】
ピエール・ブール『猿の惑星』大久保輝臣訳、創元SF文庫632-01、1968年。
ピエール・ブール『猿の惑星』小倉多加志訳、ハヤカワ・ノヴェルズ、1971年。
ピエール・ブール『猿の惑星』高橋啓訳、ハヤカワ文庫SF1300、2000年。


【翻案】
20世紀フォックスは、『猿の惑星』の直接的な映画化を2度製作している。
1つめは1968年に公開された『猿の惑星』で、フォックスはその後1970年代に『続・猿の惑星』から『最後の猿の惑星』まで同作の続編を計4本公開した。
2つめは2001年に公開された『PLANET OF THE APES/猿の惑星』で、こちらの方がより原作に忠実なものとなっている。
さらに2011年、フォックスは『猿の惑星』から着想を得た新たな物語として『猿の惑星: 創世記』を公開している。

映画以外のメディアにおける『猿の惑星』の翻案としては、1974年に放送されたフォックス製作のテレビドラマや、その翌年に放送されたアニメシリーズがあり、さらに、これらに付随してノベライズやコミカライズが多数発表されている。

      
                                          ※Wikipediaから参照


  ●   ○   ●   ○   ●   ○

2012
1月7日(土)~1月20日(金) 2週間上映♪

『猿の惑星:創世記<ジェネシス>』

11:00 15:05 19:10

『ミッション:8ミニッツ』13:10 17:20


Designed by aykm.