うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
イサドラ・ダンカン
芸術家はまさに愛する者であり、そのときのみ、
人は美を純粋に見ることができるのだ。
そして、永遠の美を見つめる許しを得たとき、愛は魂そのものになる。

天使がかくれているかも

イサドラ・ダンカン(Isadora Duncan, 1878年5月26日- 1927年9月14日)は、20世紀を代表するアメリカのダンサー。モダンダンスの祖。

サンフランシスコ生まれ。両親はアイルランド人。音楽教師であった母親から音楽の基礎教育を受けた。早くから古典舞踊を学んだが、その慣習的な動きに満足できず、自分自身の創作する自由な舞踊を考えた。アメリカでダンスの仕事を少しした後、ヨーロッパに渡る。フランソワ・デルサルトに強く影響を受け、また古代ギリシアの壷やパルテノンの壁画などから感化を受け、当時のギリシア・リバイバルの波に乗り新しいダンスを生み出した。衣装も、ギリシア風のチュニックを用い、靴を用いず、裸足で踊った。

ベルリンとパリ、そしてロシア革命後のモスクワにダンス学校を創立。20世紀のダンス、舞踊だけでなく、身体表現の形そのものを変革したといわれる。「裸足のイサドラ」のあだ名で呼ばれた。

1927年9月14日、フランスのニース近郊で、首にまいたスカーフが自動車の車輪に巻き込まれ、転倒して惨死した(49歳没)。遺体は荼毘に付され、遺灰がパリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。

彼女の舞踊は即興的な面が多く一定の理論を持たなかったため、その死と共に途絶えたが、近代舞踊に多大な影響を与えた事は高く評価されている。

1968年にはヴァネッサ・レッドグレイヴ主演で彼女の伝記映画「裸足のイサドラ」が制作された。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。