うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ベンジャミン・フランクリン
人間の幸福というものは、時たま起こるすばらしい幸運よりも、
日々起こって来る些細な便宜から生まれるものである。

青空大好き♪

ベンジャミン・フランクリン(英: Benjamin Franklin, ユリウス暦1706年1月6日(グレゴリオ暦1706年1月17日) - 1790年4月17日)は、アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。また、凧を用いた実験で、雷がelectricity(電気)であることを明らかにしたことでも知られている。現在の米100ドル紙幣に肖像が描かれている他、ハーフダラー銀貨にも1963年まで彼の肖像が使われていた。
勤勉性、探究心の強さ、合理主義、社会活動への参加という18世紀における近代的人間像を象徴する人物。己を含めて権力の集中を嫌った人間性は、個人崇拝を敬遠するアメリカの国民性を超え、すべてのヤンキーの父として讃えられる。『フランクリン自伝』はアメリカのロング・ベストセラーの一つである。

~フランクリンの十三徳~

節制:飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
沈黙:自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
規律:物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
決断:なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
節約:自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
勤勉:時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
誠実:詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出だすこともまた然るべし。
正義:他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
中庸:極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。
清潔:身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
平静:小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
純潔:性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
謙譲:イエスおよびソクラテスに見習うべし。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。