うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
相田みつを
うばい合うと 足りないけれど
わけ合うと あまっちゃうんだなあ

バラ園13

相田 みつを(あいだ みつを、本名:相田 光男、1924年5月20日 - 1991年12月17日)は、詩人・書家。相田みつを美術館館長の相田一人は長男。
栃木県南西部の足利市に生まれる。栃木県立足利中学校卒業後、歌人・山下陸奥に師事。1942年に曹洞宗高福寺の武井哲応と出会い、在家しながら仏法を学ぶ。1943年に書家である岩沢渓石に師事。1953年関東短期大学夜間部国文科卒。1954年第一回個展を足利市で開く。同年平賀千江と結婚。毎日書道展初入選。1955年ろうけつ染めを学び、デザインで生計を立てる。足利市などで毎年個展を開催。1974年紀野一義のベストセラー『生きるのが下手な人へ』で紹介される。1984年『にんげんだもの』を刊行し、広く知られるようになる。
1991年、足利市内の病院で、脳内出血により永眠する(満67歳没・享年68〈数え年〉)。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。