うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ココ・シャネル
下品な服装は服だけが目につき、
上品な服装は女を引き立たせる。

ディスプレス

ココ・シャネル(Coco Chanel、本名はGabrielle Bonheur Chanel:ガブリエル・ボヌール・シャネル、1883年8月19日 - 1971年1月10日)は、フランスの女性ファッションデザイナー。
フランス南西部オーヴェルニュ地方ソミュールの救済病院で生まれる。12歳の誕生日を迎える前に母親が他界、父に捨てられ、孤児院や修道院で育つ。田舎町ムーランでお針子として孤児院を出た後、当時つきあいの有った将校たちに連れられ、赴いたカフェで、芸能界への熱意に目覚める。
「ココ」は愛称で、情熱を実行すべく、お針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで歌っていた「Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)」と、「Qui qu'a vu Coco dans le Trocadero(トロカデロでココを見たのはだれ)」という歌の題名にちなんでつけられたもの。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。