うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アナトール・フランス
「皮肉」と「憐れみ」とはふたりのよき助言者である。
前者は、ほほえみながら、人生を愛すべきものにしてくれ、
後者は、泣いて、人生を聖なるものにしてくれる。

ガーディナーさん

アナトール・フランス(Anatole France, 1844年4月16日 - 1924年10月12日)は、20世紀前半のフランスを代表する詩人・小説家・批評家。本名はジャック・アナトール・フランソワ・ティボー(Jacques Anatole François Thibault)。パリ出身。アカデミー・フランセーズの会員を務め、ノーベル文学賞を受賞した。代表作は『シルヴェストル・ボナールの罪』『舞姫タイス』『赤い百合』『エピクロスの園』『神々は渇く』など。芥川龍之介が傾倒し、石川淳が訳していたことで有名である。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。