うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
長塚 節
春は空からそうして土からかすかに動く。

花一面

長塚 節(ながつか たかし、1879年(明治12年)4月3日 - 1915年(大正4年)2月8日は、歌人、小説家。
1879年(明治12年)、茨城県岡田郡国生村(現・常総市国生)の豪農の家に生まれた。茨城県尋常中学校(現茨城県立水戸第一高等学校)に入学したが4年進級後に脳神経衰弱のために退学。療養に過ごした郷里の自然に親しみつつ、文学への関心を高めていった。
19歳の時に正岡子規の写生説に共感、21歳で子規を直接訪ね、入門、『アララギ』の創刊に携わった。 もっぱら万葉の短歌の研究と作歌にはげんだが、子規の没後もその写生主義を継承した作風を発展させた。また散文の製作もてがけ、写生文を筆頭に数々の小説を『ホトトギス』に掲載。また、長編「土」を『東京朝日新聞』に連載、その代表作となった。農民小説のさきがけの一人として知られ、当時の農村を写実的に描写している。
1912年(明治45年・大正元年)は喉頭結核を発病、病に苦しみ九州帝国大学医学部の久保猪之吉博士を頼って同病院に入院しで加療したが1915年(大正4年)、九州帝大にて没した。享年満35。
正岡子規の正当な後継者であると言われている。現在、常総市では短編小説・短歌・俳句の三部門について長塚節文学賞が毎年実施されている。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。