うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アルトゥル・ショーペンハウアー
「知は力なり」。とんでもない。
きわめて多くの知識を身につけていても、少しも力をもっていない人もあるし、
逆に、なけなしの知識しかなくても、最高の威力を揮(ふる)う人もある。

水仙

アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer,(ショーペンハウエル・ショウペンハウエル) 1788年2月22日 ダンツィヒ - 1860年9月21日 フランクフルト)は、ドイツの哲学者。仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家である。

世界は自己の表象であり、世界の本質は生きんとする盲目の意志であるとした。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。またアフォリズム的な文体によるエッセイでも知られる。知性よりは意志を強調したその哲学は、のちの生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる。終生独身を通した。
長い不遇の時期を経て、晩年にようやく認められはじめ、ハルトマン、ニーチェ、ヴァーグナー、ヒトラー、トルストイ、ハーディ、フロイト、プルースト、トーマス・マン、ヘッセ、ユンガー、ベルクソン、ヴィトゲンシュタイン、ハイデガー、ユング、ジッド、ホルクハイマー、アインシュタイン、ベケット、フーコーといった、19世紀後半から20世紀にかけて活躍した多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与えた。日本でも森鴎外をはじめ、堀辰雄、萩原朔太郎、など多くの作家に影響を及ぼした。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。