うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ウー・ウェン風の焼豚レシピ♪
000002169.jpg

2011年卯 あけましておめでとうございます♪
                 
『ゴーゴー!ぐるめぶ』。

IN WINTER ☆謹賀新年・特別号☆


~いつの間にか豪華な新年会になりましたの巻~



ここ数年、大晦日は「焼豚(チャーシュー)」を作っています。笑。
上の写真、いかがですか? 美味しそうですか?
元旦にスタッフと食べるものなので、割りにたっぷり。
仕事が終わって帰宅してから作るので、今年もまた焼豚を作っているうちに年明けとなりました。苦笑。今回は特別号として、そのチャーシュー作りのレシピを大公開♪
大好きな料理研究家の一人でもあるウー・ウェンさんの「かんたんチャーシュー」です。
ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてください♪ 喜ばれること間違いなしです!

-材料-
焼き豚用豚肉(ネットで巻いてあるもの)1kg/ねぎ 1/2本/粒こしょう 10粒
酒 1/2カップ/水 1.5リットル
※今回は豚肉2kgで作りましたので、上記の量の倍。上記は本のレシピ通りとなります。

12月30日 木曜日
この日は年内最後のお休みでした。なので丁寧に下準備しました。
まず豚肉を茹でて、煮豚を作ります。

1.豚肉はひたひたの水で、水から中火で茹でます。
  あくを取りながら、少々茹でたら、
  流水で豚肉のあくと余分な脂を洗い、水気を切ります。

2.鍋に、豚肉、粒こしょう、ねぎ、水を入れて強火にかけ、
  沸騰したら弱火にして、蓋をして1時間煮ます。

3.1時間茹でたら酒を入れ、10分煮て火を止め、自然にさまします。

0000001644.jpg000001645.jpg
(1)まずは下茹でから開始            (2)材料入れてさらに1時間煮ます
000001647.jpg
(3)今回は奮発して紹興酒にしました♪ ↓一晩寝かせて自然にさまします。
000001650.jpg

12月31日 金曜日の朝。
どうなっているかなぁ~と鍋の蓋をあけてみると、表面に雪のように脂が固まっています♪ これはラードなんです♪ この時点でこの料理は3つに分かれます。まず表面のラードをすくい取ります。そして豚肉も取り出し、飴色のスープも別容器にうつしかえます。
仕事に遅刻しますので、テキパキと作業しました。苦笑。
では年内最後のお仕事に張り切って「いってきまーす♪」。

000002100.jpg
↑このラードで野菜炒めを作ると、また格別なんです♪
000002103.jpg
↑スープにただよう豚肉ちゃんとくたくたねぎちゃん♪
000002107.jpg
↑↓豚肉は取り分けたらラップして冷蔵庫。これから仕事なので、味付けは夜♪
000002110.jpg000002112.jpg
↓このスープは豚の旨みが満載なので、後日味噌ラーメンのスープで使うのが恒例♪
000002118.jpg
↓はい。3つに分かれました。捨てるとこなしの保存料理♪ くたくたねぎちゃんはポイ。
000002126.jpg

12月31日 金曜日の夜
仕事から帰宅後、せっせと味付けです♪
そう、ここで活躍するのが五香粉(ウーシャンフェン)♪ 一気に本格派の味になります。

-味付けの材料-
「ゆで豚肉」200g/醤油 大さじ2/酒 大さじ2/砂糖 大さじ1
 五香粉 小さじ1/2/サラダ油 大さじ1/2
 ※今回は豚肉2kg分なので上を目安にアレンジしてください。
  上記の量は本のレシピのままになります。

000002183.jpg

1.炒め鍋に、醤油、酒、砂糖、五香粉を入れて中火で煮立たせ、ゆで豚を入れる。
  中火でからめるように動かす。水分がなくなったら、サラダ油を入れて照りをつける。
  ※ちなみに砂糖は沖縄の黒糖を使ってみました。

000002140.jpg000002144.jpg
↑ゆで豚入れてからめます♪         ↑水分がなくなるまでからめてからめて~♪
 お、このころ新年に♪ ひとり、あけましておめでとうございますとつぶやく苦笑。
000002159.jpg
↑サラダ油でずいぶん照りってきましたよ。笑♪ 写真ではわかりづらいかな苦笑。
000002151.jpg
↑はい。「かんたんチャーシュー」できあがり♪ 美味しそうでしょう♪
 食べるときは白髪ネギとからしも忘れずに。
 茶葉卵も作ったんですが、漬けが足りなくてうまくいきませんでしたの巻。苦笑♪

 ということで。

2011年1月1日 元旦の土曜日
あらためまして、新年あけましておめでとうございます★


000001656.jpg

そもそもなぜ正月にチャーシューを作りはじめたのかと言いますと、何年か前まで独身ばかりの職場で、お正月にわびしい食事をしていました。ふと振り返りますとスタッフが元旦からカップラーメンを食べていたりして。
映画館は年中無休で休みません。特に目黒シネマは開館以来、無休を誇りに思って営業しています。
しかし正月休みもなく、元旦からカップラーメンというのはあまりにもわびしい。涙。
これではいけないと一念発起!
なにか一品でもいいから手作り料理をふるまってあげたいと考えました。
料理は好きだし、よろこんでもらえたら新年早々素敵ですしね笑。
当時から好きだったウー・ウェンさんの料理本からめでたそうで、華やかな料理を探し、チャーシューにゆきついたというわけです。
それがあんがい好評で、「m支のチャーシュー食べなくちゃ正月が始まらない」なんてお世辞を言われると、根が単純なものでうれしくなって恒例行事になっているというわけです。

000001666.jpg

↑みてください♪ 号泣。
年が増すごとに、みんながいろいろと手料理や差し入れを持ち寄ってくれるようになり、今年もまた豪華で盛大な新年会(ただの昼食ですが)になりました。

ゲッタウェイ君はお煮しめ、ジャンポー君は奮発してお寿司、映写技師デニーロ君はみかん、パチ~ノ君は飲み物、庵子さんは現在上映中の『トイレット』にちなんで餃子♪ それも偶然にウー・ウェンさんのレシピで作った餡が梅・シソ・蓮というさっぱりした極ウマ餃子♪ たくさんのお菓子の差し入れなどもあり、幸せてんこ盛り♪
あの独身ばかりでカップラーメンをすすっていた時を思い返し、涙で世界がうるみます。。。

そして気がつけば3人は綺麗なお嫁さんをもらい、こっちは行き遅れたままとしう始末。
おお、なんと人生は悲喜劇なものかぁ~♪

目黒シネマの卒業生が着物で新年挨拶に来てくれたり、お客様とご挨拶したりと幸福で感動的な元旦を過ごすことができました。映画館の年末年始の光景、いえ目黒シネマの年末年始の光景、いやわたくしm支の年末年始の光景を『ゴーゴー!ぐるめぶ』を借りてお届けいたしました。いかがでしたか?。苦笑。
※予想外の長編になり、すみませんでした。。。あはは

000001665.jpg
↑夕涼庵子作の「梅とシソと蓮の餃子」♪ タレいらずの、あっさりとした絶品♪
000001671.jpg
↑素敵だなぁ~と卒業生の着物姿に惚れ惚れの感涙。
000002181.jpg000002182.jpg

本年もお客様に喜んでいただける映画館作りにスタッフ一同精進して参りますので
応援の程、よろしくお願い申し上げます。
お客様にとりまして、良き映画との出会いのお手伝いができますように。。。


                       賀 正


撮影・文・料理:m支
※レシピの詳細は
「ゆでておく 漬けておく 揚げておく 炒めておく」著者ウー・ウェン
(地球丸くらしブックス \1300+税)でご確認ください。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。