うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
あなたにとって平和とは何ですか?②
0008341.jpg

0008251.jpg0008432.jpg0008421.jpg
0008318.jpg0008310.jpg0008410.jpg
0008332.jpg0008385.jpg0008360.jpg

0008342.jpg

何も起きていないこと。「平和」の対義語として浮かぶのが、やはり「戦争」。
ゆえに戦争が起きていない状態が平和。人間は痛い目みないとわからない生き物だから、戦争を経験して初めて平和を考える。つまり戦争がなければ平和を感じる事もなかったかも。私達世代は戦争を体験することなく平和を堪能している。そこは先人にいくら感謝しても足りないはずだ。不況だとか色々言われているが、戦争もなく平和な日本である。
多少の事は我慢して努力する、そして目をこらして見渡せば、自分の人生案外幸せだったりすると思う。(30代3児の母親)

なんてことのない日常を繰り返せること(30代女性)

私にとっての平和は「エクレアと牛乳」です。式典で鳩を象徴として飛ばすなら、エクレアと牛乳をみんなに配った方が平和だと思う。と本気で発言をしたことがあります。
(ツイッターからご参加)

安心して寝ていられる事。平和だとおもいます(ツイッターからご参加)

私にとって平和とは、また新しい朝がくること(ツイッターからご参加)

「平和」とは「休日に映画を観に行けること」ですかね。戦争とか大きい問題じゃなくて、仕事が忙しくなると休日もなくなってしまうから。。。(ツイッターからご参加)

僕にとっては「微笑み」です。(ツイッターからご参加)

津田篤さん

000008292.jpg000008294.jpg000008296.jpg

平和というのを簡潔に書くのは難しいですね(汗)。
僕が直感でイメージする平和とは、対比するのが戦争だと思いました。
ですので一言で表現するなら、「争い事の無い幸せな世界」でしょうか。
ありきたりですみません。 (津田篤/俳優)


0008405.jpg

0008310.jpg0008278.jpg0008378.jpg

ぐっすり眠れる日々であること(ツイッターからご参加)

平和ですが、映画をゆっくりみれること。
雑誌ぴあがよく売れることなどです。(ツイッターからご参加)

安心して夜に眠ることができること。
両親と川の字で眠った子供の頃のように(ツイッターからご参加)

皆が生命の危険を傍らに感じずに毎日を過ごせる状況(ツイッターからご参加)

平和とはビールがおいしく飲めること(30代男性)

子供の寝顔(30代女性・子持ち)

カレーライスを食べている時が平和(30代男性)

(夏なんで・・・)花火とか祭りを見ている時(20代男性)

この毎日の当たり前の生活を送れること。
現代の日本に生まれたことに「感謝」です!(30代男性)

ぬるま湯!(20代女性)

平和を意識しないこと(20代男性)

相手を思いやれること(30代男性)

00008096.jpg

先日、2000年頃の映画ですがDVDで『ノー・マンズ・ランド』を観ました。人間の愚かな側面、無力さ、戦争や紛争という状況の複雑怪奇さや滑稽さが直球で伝わる映画でした。
自分が生まれてからずっと享受している平和の有り難さを感じると同時に、日本人も戦争に関わることがあるのかもな…絶対にないとはいえないと感じました。
自分にとって平和とは。あの映画を観てからまだ考え中です。今のところ、とても大事な貴重なことということです。答えになっていなかったらすみません。(30代女性)

00008092.jpg

00008025.jpg000008038.jpg

0008277.jpg

平尾 香さん














食べること、笑うこと、寝ること・・・
何気なく過ごした昨日があって、今日があって、明日があるっていう希望があること。

(平尾香/イラストレーター)

※旅や自然からインスピレーションを受けた作風で書籍、雑誌、CD、商品企画、広告などの仕事で活躍する傍ら、個展も数多く開催。98年より拠点を東京に移し、世界的ベストセラー「アルケミスト」や「ベロニカは 死ぬことにした」(角川書店)などパウロ・コエーリョの翻訳本の挿画を担当。現在は、湘南逗子の小山にアトリエを構え、写真やエッセイなどあらゆる角度で、積極的 に制作活動している。著書本に「たちのみ散歩」(情報センター出版局)


平井真美子さん














手を握ること。
悩むこと。
あくび。
輝いた笑顔。
おばあちゃんの寝顔。

心の中に安らげる場所をもつこと。
その場所がいま満ちていると気づけること。

(平井真美子/ピアニスト・作曲家)

※映画『60歳のラブレター』(2009)『半分の月がのぼる空』(2010)『白夜行』(2011)『洋菓子店コアンドル』(2011)、音楽担当。CM『キューピー深煎りドレッシング』『第一三共カコナール』など、多数。


関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。