うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
1961年版『ゼロの焦点』


1961年版『ゼロの焦点』では主人公の禎子を久我美子さんが美しくも強く演じていました。
久子を有馬稲子さん。社長夫人の佐知子は高千穂ひづるさん。

モノクロ画面に能登の寒々とした風景が広がり、物語をさらにミステリアスに深めてくれます。

監督は野村芳太郎さん。
脚本に橋本忍さん、山田洋次さん。

2009年版は東宝作品ですが、1961年版は松竹作品なんですよ。


2009年版は禎子役に広末涼子さん、久子役には木村多江さん、そして社長夫人の佐知子役には中谷美紀さんです。

3人の美女、ミステリー、能登、松本清張……
『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『グーグーだって猫である』の犬童一心監督がどう描くのか?
3月13日(土)から2週間上映。是非ご覧ください。。。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。