うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
あるがままに②
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

上映記念

『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』

御法川修監督トークショー in 目黒シネマ②


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


2013.6.29 御法川修監督トークショーjpg


この映画によって3人と出会えて

僕は誇りに思っています。



あやちゃん)
今回『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』のカラーに合わせて蝶ネクタイを作りました。
いかがですか? 
それぞれ色の違う女優さんで素敵なキャスティングですが、決め手と実際に会った女優さんの印象を教えてください。


御法川監督)
その蝶ネクタイは是非どうぞ間近で見てお帰りください(笑)。すごいんですよ、東京タワーの切手も逆さに付いていて。素晴らしい。僕も欲しいくらいです。

3人の女優さんたちに関して、映画のキャンペーンをしているとき多く聞かれたのは、原作の益田ミリさんのすーちゃんって、本当に点と線で描かれたシンプルなキャラクターですよね。それを映画にするってときになんで柴咲コウさんなのかっていう怒りにも近いようなことを言われたんですけれど(苦笑)。僕はなんの迷いもなくて。

原作をご存知でない方もいらっしゃると思いますけど、いろんなことに迷ったり、たとえば恋に臆病になったりするって容姿の問題じゃないって僕は思うんですよ。
容姿が劣っていた女性が恋に臆病になったり、恋愛がうまくいかなかったり、仕事で不運だったり、そんなひどいことはないですよね。
それで僕はすーちゃんの原作をそういうように受け取らなかったので、原作の絵柄を再現するように俳優を使うっていうのは失礼なことだと思った。

僕がすーちゃんって物語で一番映画にしてみたいと思ったのは、さっきお話したことと繋がるんですけど、本当に日々、自分の心の声、心と体の声に耳を澄ませる時間を見つけるなんて、本当に難しいと思うんですよ。毎日目の前のことに追われているので。

でもすーちゃんまいちゃんさわ子さんは原作でも映画の中でもほんとに絶えず立ち止まって自分の心の声に耳を澄ませる。それが心のつぶやきとしてまるで表の顔とは違う裏側の声となって、それもおかしく聞こえるかもしれないけれど、でもそういう孤独な時間っていうか、孤独な時間を逃げないで自分の寂しいことも嬉しいこと含めてちゃんと受け止めていける。そういう懸命に生きている女性を誰に担ってもらうのが一番いいのかって考えた時に、容姿のことじゃなくて、ある寂しい感じ、その寂しさに負けないような、やっぱり強い女性であってほしいなって。

そう思った時に柴咲コウさん、真木よう子さん、寺島しのぶさんっていうのは3人のバランスはもちろん考えますけど、すごく僕は3人とごいっしょできたことは満足しているし、監督が選ぶというよりも、僕たちが選ばれるっていうところもあるんですよ。
僕が柴咲コウさんにすーちゃんを見たんで、柴咲コウさんがこのキャラクターを演じるってことを望んでくれないと出会いがなかった。
だから、この映画によって3人と出会えて僕は誇りに思っています。

映画を気に入ってくださった方もそうでない方もいらっしゃるかと思うんですけど、僕がひとつだけ自信を持っているのは、やっぱり柴咲さんも真木さんも寺島さんも日々の何でもない仕草、友人のために鍋をよそって取り分けてあげる仕草、お箸を持ってご飯を食べるとか、そういう仕草っていうのは監督が演出するものじゃないんで、やっぱり彼女たちが日々の中で積み重ねてきたものなんですよね。
その仕草ひとつひとつに僕はひとつも嘘を感じなかったし、逆にとても美しいなと思う瞬間がたくさんあったんです。

映画って改めて人の仕草を観るっていう、人と出会うように映画を観るっていうのも映画の楽しみ方のひとつだなって改めて思います。そういう見入ってしまうような仕草とか、笑うときの皺の動きとかを暗いスクリーンの中で眺める時こそ、ささやかなものが胸を打つと思います。


あやちゃん) ありがとうございます。

すーちゃん蝶ネクタイ


明日の「あるがままに③」は、

あき子さんからの質問です。お楽しみに♪
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。