うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
カレル・チャペック
それは魂の作り方を誰も知らないからです。

ただそこにいること

カレル・チャペック(Karel Čapek, 1890年1月9日 - 1938年12月25日)は、チェコの作家、劇作家、ジャーナリスト。兄は、ナチス・ドイツの強制収容所で死んだ画家・作家のヨゼフ・チャペック。
概要大戦間のチェコスロバキアで最も人気のあった国民的作家。戯曲『ロボット(R.U.R.)』において、「労働」を意味するチェコ語: robota (もともとは古代教会スラブ語での「隷属」の意)から ロボット という言葉を作ったと言われるが、彼自身は兄ヨゼフが作った言葉だと主張している。代表作『R.U.R.』『山椒魚戦争』はSFの古典的傑作とされている。小説、戯曲の他にも、文筆活動は童話、旅行記、文明評論など多岐に渡っている。また趣味であった園芸においても自らの体験を交えた作品を発表している。

小説『山椒魚戦争』と戯曲『母』ではアドルフ・ヒトラーとナチズムを痛烈に批判している。そのためにチャペックはゲシュタポ内では『チェコ第二の敵』として危険視される。ゲシュタポは1939年3月15日ドイツがプラハを占領した際に、いち早く彼を逮捕するためにチャペック邸に乗り込んでさえいるがその前年に彼は死亡している。

※上記の言葉はカレル・チャペック作・戯曲『ロボット(R.U.R.)』から引用。

 ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● 


3月24日(土)~3月30日(金)1週間上映

リアル・スティール 10:30/15:05/19:35

宇宙人ポール   13:00/17:30



 ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● 


『宇宙人ポール』を探せ!⑦  サスライノ宇宙人♪

俺ハサスライノ宇宙人

人生ハ楽シンダ者ガ勝チダゼ♪
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。