うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
降旗康男
若いころ何度か挫折を経験し、さすがにもう辞めようと思っていた矢先、
宮島義勇さんというカメラマンと出会った。そこで変わりましたね。
宮島さんは、たとえば雲を撮影するシーンなど、
納得できる雲が出るまで2週間待ち続けたりするわけです。
最初は驚いたのですが、
「映画っていうものは、ただ撮ればいいんじゃない、何を撮るかだ」と。
その宮島さんの姿勢、思いが僕にしみ入った。
映画の面白さを身体にたたきこんでもらった気がします。

クリクリといた夏

降旗 康男(ふるはた やすお、1934年8月19日 - )は、日本の映画監督である。長野県松本市出身。長野県松本深志高等学校を経て、東京大学文学部フランス文学科卒(1957年)。東映入社。1978年東映を退社し、フリーに。1999年、『鉄道員』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞を受賞。 2008年旭日小綬章受章。
【主な作品】
『網走番外地シリーズ』『あ・うん』(1989)、『鉄道員』(1999)、『単騎、千里を走る。』(2006)
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。