うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
降旗康男
子供の頃、戦争の最中のことですが、ある日の放課後、担任の先生に呼ばれて
「サイパンが陥落した。日本は戦争に負けるよ。お前はお調子者だから、
気軽に少年兵志願に手を挙げたりしちゃいけないよ」と言われました。
みんなが日本は勝つと信じていた時代だっただけに驚いたと同時に、この先生のように
ものを考える人がいることに目を開かされました。
そうしたら、今度は近所にやってきた特攻隊の兵士が、
「君たちは志願して兵隊になってはいけない」と同じことを話してくれた。
そのときに「大勢に流されない人たちがいるのだ」と知り、
素直にすごいなぁと思ったんです。
それから絶対、大勢に流されてはいけないと心に言い聞かせ、
自分の生きていく指針になっています。
安易に迎合しない、自分の意志に逆らうことをしないのは、その経験が大きい。

リール使用中

降旗 康男(ふるはた やすお、1934年8月19日 - )は、日本の映画監督である。長野県松本市出身。長野県松本深志高等学校を経て、東京大学文学部フランス文学科卒(1957年)。東映入社。1978年東映を退社し、フリーに。1999年、『鉄道員』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞を受賞。 2008年旭日小綬章受章。
【主な作品】
『網走番外地シリーズ』『あ・うん』(1989)、『鉄道員』(1999)、『単騎、千里を走る。』(2006)
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。