うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
テレンス・マリックのシネモグラ♪
『ツリー・オブ・ライフ』 監督・脚本
TERRENCE MALICK
テレンス・マリック



1943年11月30日生まれ、アメリカ、イリノイ州出身。
ハーバード大学やオックスフォード大学で哲学を学び、マサチューセッツ工科大学で教える傍ら、「ニューズウィーク」誌などでジャーナリストとしても働いた。その後、アメリカ映画協会で映画技術を学び、1972年にポール・ニューマン主演「ポケット・マネー」で脚本家として映画界に入り、1973年の「地獄の逃避行」が初監督作品となった。
1978年の「天国の日々」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したが、その後監督業から離れ、フランスで教鞭をとっていた。映画界ではいつしか「伝説の監督」と呼ばれるようになる。そして20年後にカムバック、1998年の「シン・レッド・ライン」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。2005年の「ニュー・ワールド」を経て、2011年には「ツリー・オブ・ライフ」でカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)に輝いた。
寡作の映画監督である。また「作品がすべてを代弁する」ことを旨とするため、アカデミー賞授賞式や各種映画祭には出席せず、またメディアへの露出もほとんどないため、その素性は謎に包まれているという。

                     「ツリー・オブ・ライフ」プレスシート、ウィキペディア参照

-FILMOGRAPHY-
「地獄の逃避行」(1973)
「天国の日々」(1978)  カンヌ国際映画祭監督賞受賞
「シン・レッド・ライン」(1998)  ベルリン国際映画祭金熊賞受賞
「ニュー・ワールド」(2005)
「ツリー・オブ・ライフ」(2011)  カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞

テレンス・マリックのフィルモ

-------------------------------------

※『ツリー・オブ・ライフ』 プログラム(1部700円)上映期間中販売。
※「シネモグラ」とは、「シネマ・フィルモグラフィー」の略。



2011                 2012
12月24日(土)~1月6日(金) 2週間上映♪

『ライフ いのちをつなぐ物語*10:00 11:40 16:00 20:20

『ツリー・オブ・ライフ』    13:25 17:45

◎ *10:00モーニング上映『ライフ いのちをつなぐ物語』は入替制になります。
    モーニング上映料金:一般1000円/シニア・小人900円
    (11:40以降は通常料金になります)
◎ *10:00/20:20『ライフ いのちをつなぐ物語』は本編からの上映となります。
◎ 2012年1月1日(日)*10:00『ライフ いのちをつなぐ物語』は上映なし。
  元日は11:40『ライフ いのちをつなぐ物語』からの上映開始になります。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。