うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
ニコラ・ボアロー=デプレオー
人が天から心を授かっているのは、人を愛するためである。

みみをすませば屋根の上

ニコラ・ボアロー=デプレオー(Nicolas Boileau-Despréaux, 1636年11月1日 - 1711年3月13日)は、フランスの詩人・批評家。
パリ高等法院書記の子として生まれ、法律を学び1656年に弁護士となったが、翌年父の死に会い、残された遺産で文学趣味を追うことができる身分となった。サロンに出入りして、ラ・フォンテーヌ、モリエール、ラシーヌと交わり、1677年には王室史料編纂官に任ぜられた。1687年のこと、ペローがアカデミーの会合でルイ14世をたたえる詩を読むや席を蹴って立ち、このことから古代人と近代人の優劣をめぐる論戦が始まった。ボアローは『ロンギノス考』(Réflexions sur Longin, 1694年)で近代派に答えたが、アントワーヌ・アルノーの斡旋でペローと和解した。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.