うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
エマニュエル・ガイベル
短く笑って、長く泣く。それが恋の習いだ。

薔薇の名前

エマニュエル・ガイベル(Emanuel Geibel 1815―1884。ドイツの詩人、評論家)。
牧師の子として北ドイツのリューベックに生まれる。ボンとベルリンに学びロマン派詩人と交際、古典主義的手法で詩作を始める。1852年美学教授としてミュンヘン大学に赴任、マクシミリアン2世宮廷で寵遇(ちょうぐう)され、詩人サークルの指導者となる。68年故郷に帰り、同地で没。政治色のない『詩集』(1840)、『新詩集』(1856)は高く評価されるが、保守色の濃い政治評論は時代とともに忘れられた。翻訳者としても著名。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。