うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マリー・ジャン・アントワーヌ・ニコラ・ド・カリタ・コンドルセ
もし今日の自分が 明日の自分と同じであるならば、
今日の自分は昨日の自分の奴隷にすぎない。
人間の特質はそうではなくて、日々新しく創造的にきのうの自分を乗り越える、
そこに人間の本質がある。

ひとつの世界とひとつの時代のなかで生きている

コンドルセことコンドルセ侯爵マリー・ジャン・アントワーヌ・ニコラ・ド・カリタ(Marie Jean Antoine Nicolas de Caritat, marquis de Condorcet 1743年9月17日 - 1794年3月29日)は、フランスの数学者、哲学者、政治家。社会学の創設者の一人と目されている。エーヌ県リブモン生まれ、パリ近郊のブール・ラ・レーヌ没。ドーフィネ(Dauphiné)のコンドルセ侯爵領の領主であることから、日本では「コンドルセ」と略称されている。投票の逆理(コンドルセのパラドクス)について考察したことで知られる。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。