うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
映画配給会社の方が映画をご紹介にやってきました♪
m支こと目黒シネマ支配人が仕事のことや独り言を赤裸々に語る?、略して
LaLaLa
えむしごと


Vol.5 『よろしく!はいきゅうぶ♪ チャップリンと踊ろう♪』 の巻



番組編成のお話をした時にも少しだけ触れましたが、時々映画配給会社さまが上映の打ち合わせや作品紹介などで映画館まで来てくださることがあります。
今回は当館で10月29日(土)から1週間上映いたします周防正行監督作品『ダンシング・チャップリン』の件で東京テアトルの配給Hさんがいらしてくださいました。
※暑いところありがとうございます。LaLaLa感謝♪

この日は当館で上映する『ダンシング・チャップリン』の話を中心に、新藤兼人監督の『一枚のハガキ』、マッドハウスさん製作の最新アニメ作品『とある飛空士への追憶』の3作品について色々とお話をうかがいました。

ダンシング・チャップリン♪

「美しいものが見たかった。この映画は僕のバレエ入門である。」
                                         -----周防正行


フランスの巨匠振付家ローラン・プティのチャップリンを題材にした「ダンシング・チャップリン(原題:「Charlot Danse avec Nous(チャップリンと踊ろう)」)。チャップリンの数々の名作がバレエとして表現された作品である。「ダンシング・チャップリン」は1991年の初演からチャップリンを踊り続けるダンサー、ルイジ・ボニーノのために振り付けられた作品であり、世界で唯一この作品のチャップリンを踊ることができるバレエダンサーである。しかしルイジも還暦を迎え、肉体的に限界を迎えつつある。このままでは幻の作品になってしまう!と危機感を抱いた監督の強い思いからこの企画がスタートした。

本作『ダンシング・チャップリン』は映画化にむけて監督がイタリア、スイス、日本を巡り、草刈民代をはじめとする世界中から集まったダンサーたちの舞台裏60日間の記録である「アプローチ」を第一幕に、プティの「ダンシング・チャップリン」の全20演目を13演目に絞り、監督が映画のために再構成・演出・撮影された「バレエ」を第二幕とし、最高に美しい体験をする事が出来るエンターテインメントに仕上がった。
                               (『ダンシング・チャップリン』チラシから)


『ダンシング・チャップリン』の見所は?と質問したところ、
『シコふんじゃった』ではお相撲さん、『Shall we ダンス?』で社交ダンス、そして『ダンシング・チャップリン』ではバレエと、周防監督はアグレッシブルな身体の動きが好きなのかもしれませんね笑。『ダンシング・チャップリン』の見所は、チャップリンの作品をバレエに置き換えて他では観られない世界観を周防監督は描いているところだと思います。草刈民代さんの綺麗な迫力ある舞いを是非スクリーンでご覧ください。今年7月10日に他界いたしました振付師ローラン・プティさんについて草刈民代さんは追悼舞台挨拶の壇上にて「バレエ人生において、とても大きな存在」だと仰られていたことが印象的でした、と配給Hさん。

「踊っている私はもういない。これが私のラストダンス。」
                                        -----草刈民代


10月29日(土)~11月4日(金)まで1週間上映

『ダンシング・チャップリン』


※同時上映『イヴ・サンローラン』
 目黒シネマにて

ダンシング・チャップリン5ダンシング・チャップリン♪②

『ダンシング・チャップリン』公式サイト
http://www.dancing-chaplin.jp/

   ○● meguro cinema news ●○

そして配給Hさんがいまがんばって宣伝している作品、10月1日からテアトル新宿他全国ロードショー公開になるマッドハウス製作のアニメ作品『とある飛空士への追憶』。
少しだけ宣伝のご協力♪
今度作品を拝見させていただき、今後の番組編成の参考にさせていただきます。

先日のコミケ(コミックマーケット)でスタッフ用に作られたTシャツや宣伝用ポスターを持ってきてくださいました。ご存知、マッドハウスさんと言えば『時をかける少女』『サマーウォーズ』で有名ですよね。監督は宍戸淳さん。原作は犬村小六さん。脚本は奥寺佐渡子さん。キャラクターデザインはあの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の松原秀典さん。声優に俳優・神木隆之介さんと、とにかくスゴイ方々が揃いぶみ。期待しない訳にはいきません笑。

『とある飛空士への追憶』オフィシャルサイト
http://www.hikuushi-tsuioku.com/

美しい絵や迫力ある空戦も見所なのですが、シャルルとファナの身分の違う恋の行方も気になるところです。「忘れられない恋をした方なら2人の気持ちがわかるのではないかなと思います」と配給Hさん。「身分の違いでいっしょになることができないということが切なく胸に迫ります」

とある飛空士への追憶⑤とある飛空士への追憶

このように配給会社の営業の方は上映する作品の打ち合わせや、ロードショー公開に向けて宣伝している他の作品など、今後当館で上映する可能性のある作品についていろいろとご紹介してくれます。
この日も残暑が厳しい日ではありましたが、たくさんの宣材物を持って、映画の貴重な情報や見所などを教えてくれました。LaLaLaこれぞ映画愛♪
配給Hさん、ありがとうございました。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.