うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アリストテレス
ハープを演奏することによってハープ奏者になる。
それと同じように、私たちは正しい行いをすることによって正しい人間になり、
自らを律することによって自制心が身につき、
勇気ある行動をとることによって勇敢になる。

握手の真似ばかりするもの

アリストテレス(古典ギリシア語: Ἀριστοτέλης、Aristotélēs,Aristoteles前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシアの哲学者。日本語ではアリストテレース、あるいは、英語のAristotle(英語発音: /ˈærəˌstɑtl/ アラスタトゥル、アラスタロ)の綴りからアリストートルとも呼ばれる。

プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンと共に、しばしば「西洋」最大の哲学者の住人と見做され、又その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。イスラーム哲学や中世スコラ学に多大な影響を与えた。またアレクサンドロス大王の家庭教師であったことでも知られている。
名前の由来は古典ギリシャ語の“aristos”(最高の)と“telos”(目的)から 。

アリストテレスは紀元前384年、マケドニア王の侍医の息子としてマケドニアのスタゲイラに生まれた。17歳のとき、アテナイにあるプラトンが主催する学園アカデメイアに入門し、そこで20年間学生として学び、その後アカデメイアの教師として後進の指導にあたった。そして紀元前347年にプラトンが死ぬまでアカデメイアに留まった。
紀元前347年、マケドニア王フィリッポス2世の招聘により、王子アレクサンドロス(後のアレクサンドロス大王)の家庭教師となった。アリストテレスは弁論術、文学、科学、医学、そして哲学を教えた。
紀元前335年、王子が即位すると、アテネに戻り、自らの学園リュケイオンを開いた。弟子たちとは学園の歩廊(ペリバドス)を逍遥しながら議論を交わしたため、彼の学派は逍遥学派(ペリバドス学派)と呼ばれた。
アレクサンドロス大王の死後、アテナイではマケドニア人に対する迫害が起こったため、紀元前323年母方の故郷であるカルキスに身を寄せた。しかしそこで病に倒れ、紀元前322年に死亡している。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。