FC2ブログ

うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
園子温監督『ある秘かなる壺たち』★お客様コメント★
すこいおもしろかったです。
園かんとく、すごい笑えました。
ピンク映画って自由度たかくていいです♪

(20代女性・学生)

ある秘かなる~
アホアホでサイコーに楽しめました。天才!
(20代女性・会社員)

すごい笑った。おもしろかったです。

またやってほしい。

(20代女性・学生)


『ある秘かなる~』はコメディータッチ中心でしたが、
とても面白く拝見しました。
(30代男性・会社員)

女優さんがとても可愛くてキレイでした。
(30代男性・会社員)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

上記のコメントは平成22年7月17日から1週間『壺とシャボン玉』という企画名で、園子温監督『ある秘かなる壺たち』と2009年度ピンク映画ベストテン第1位になった加藤義一監督『うたかたの日々』の2本立てを当館レイトショー上映した時の感想の一部になります。
感想にあるように園監督の人気とピンクに興味があるけれどなかなか観る機会がないという女性のお客様が多くご来場になりました♪ まさに必見! お見逃しなく! 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○




幻★発掘~園子温監督の幻のピンク映画上映♪~

『恋の罪』公開&『ヒミズ』ベネチア国際映画祭新人俳優賞ダブル受賞
&祝ご結婚トリプル記念
限定4日間の緊急レイトショー決定!


園子温監督作品

『ある秘かなる壺たち』
 
R18+
(成人館公開タイトル:性戯の達人・女体壺さぐり/上映時間:1時間)
※R18+…18歳以上がご覧になれます(高校生不可)。

2011.11.22(tue)-11.25(fri)

21:00 START
     ~22:00 END予定

料金:一般900円/女性500円
スポンサーサイト



大きな力が味方してくれた時
休日を利用して、イチョウの黄葉を撮影しに神宮外苑までお散歩しました。
その前に腹ごしらえと思って、久しぶりにクレヨンハウスのバイキング・ランチを食べました。ここは好きなレストランのひとつで、オーガニック料理が味わえる、体にやさしいメニューが豊富なんです。※レストランは地下にあるのですが、上の階では絵本や童話がたくさんある本屋さんになっています。そんなお店の作りもステキなんです♪

お昼時だったのでとっても混雑していましたが、20分ほどで席につくことができました。
玄米やレンコンの煮物やあんかけ豆腐、切干大根のなます、サラダ、シチューとモリモリ食べながら、最近忙しさにかまけて食事に対して手抜きをしていた自分を反省しました。
乱れた食生活、う~~ん、いかんいかん♪ なんとかせねば。
食べることは、生きること。禅修業に食の大切さを「典座(てんぞ)」として教え広めた永平寺の道元禅師もたしかおっしゃっていたはず!
フライパンを洗う時は、自分の目玉を洗うように大切に洗いなさい、の精神! はい!

いちょう祭り後3いちょう祭り後2

いちょう祭り後

さて、食事を済ませて表参道から青山辺りの街並みをとぼとぼと撮影しながら、
実は初めての神宮外苑へ向いました。
朝からどんよりと曇り空で、せっかくの休日に撮影しに来たんだけどなぁ~と心なしか残念な気分だったのですが、これがまた不思議!
神宮外苑に向えば向うほど、陽射しがでてきて、次第に青い空があらわれはじめました♪

以前もこんなことがありました。
夏にヒマワリ畑を撮影に出掛けた時、撮影場所に向えば向うほど雨足が強くなり、駅からバスで現地まで向う最中では土砂降りの豪雨~涙。しかし、到着して仕方なく雨のヒマワリ畑で撮影していると、突然ピーカン晴れになったのです!
それも撮影をしていた1時間だけ。帰りのバスに乗ったら、また豪雨!
こんなときは、写真の神様が撮影の協力をしてくれたのだなと心から感謝の気持ちでいっぱいになります。この日も雨こそ降っていませんでしたが、そんなひょっこり太陽が顔を出してくれた不思議な日でした。

晴れたはいいものの、残念ながらイチョウさんたちはまだ黄葉していませんでした。
暖冬なのか、時期なのか、まだ早かったようで苦笑♪
しかし、せっかくなので少しだけ黄葉したイチョウをカシャカシャいたしましたよ♪

いちょう祭り後6

いちょう祭り後7

いちょう祭り後8

いちょう祭り後9いちょう祭り後5

クレヨンハウス オーガニック・ランチ レシピ
http://organic.crayonhouse.org/
エミール・デシャン
一緒に泣いた時に、はじめてお互いがどんなに愛し合っているのかが分かるものだ。

うれしくてふるえている

フランスの詩人。
新しいことをするのには、古い服を着てやってみるべきだ。
幸せだけで作られてゆくもの

大きな力が味方してくれたとき

世界の果てを誰がみたの

あたたかく頬をつたう水

光の射す方に進む

はじまりの日々

この世界を挑発する存在いくつもの境界線だとしたら

語り継ぐような痛み

信じていることこそが大切

場所:明治神宮外苑(東京都新宿区霞ヶ丘)
http://www.meijijingugaien.jp/event/ginkgo-festa.html
言葉:ヘンリー・ディヴィッド・ソロー
撮影:m支
Designed by aykm.