FC2ブログ

うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
なりきり動画♪KICK-ASS 「きてね編」


KICK-ASS

2011.5.14 (sat) -5.20 (fri)

meguro cinema


同時上映:アンストッパブル

※「スタッフなりきり動画♪KICK-ASS」 撮影:m支
スポンサーサイト



ヘレン・アダムス・ケラー
すべてのものには、学ぶべきことがある。

ヘレンケラー

強く風が吹いている

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

ヘレンは福祉活動のみに限らず、広範囲な政治的関心をもち活動した女性であった。当時として先進的な思想をもち、男女同権論者として婦人参政権、避妊具の使用を主張し、また人種差別反対論者であり、また過酷な若年労働や死刑制度、そして第一次世界大戦の殺戮に反対した。これらの活動のため、ヘレンは FBI の要調査人物に挙げられている。
ヘレンは、自身の考える20世紀の三大重要人物を問われて、エジソン、チャップリン、レーニンと答えている。
ヘレンとアン・サリヴァンの半生は The Miracle Worker として舞台化および映画化されており、日本では『奇跡の人』という日本語題をもって何度も上演されている。英語の "The Miracle Worker" には「(何かに対して働きかけて)奇跡を起こす人」といった意味があり、アン・サリヴァンのことを指すが、日本ではヘレンのことと誤解され、「奇跡の人」がヘレンの代名詞として用いられることも多い。

“ Life is either a daring adventure or nothing.
「人生は恐れを知らぬ冒険か、無か」 ”

の言葉がある。

その一方で、彼女を快く思わない者も少なくなく、日本の重光葵の手記『巣鴨日記』(『文藝春秋』1952年8月号掲載)によると、巣鴨プリズンに収監されている元将官たちの中には、彼女のニュースが耳に入ってきた際、彼女のことを「あれは盲目を売り物にして居るんだよ!」とこき下ろしている者もいた。このことに関して重光は「彼等こそ憐れむべき心の盲者、何たる暴言ぞや。日本人為めに悲しむべし」と彼らを痛烈に批判すると同時に、見解の偏狭さを嘆いている。
幼少時、ヘレンは同じく盲目の塙保己一を手本に勉強したという。秘書で、元新聞記者のピーター・フェイガンと婚約までしたが家族の反対にあい破談になった。
Designed by aykm.