FC2ブログ

うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー
東洋では生と死は、いわば本の中の1ページです。
そのページをめくれば、次のページがでてくる、つまり新たな生と死が繰り返される。
ところが、ヨーロッパでは、人生とは一冊の本のようなもので、
初めと終わりがあると考えられています。

おちつく

リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー(Richard Nicolaus Eijiro Coudenhove-Kalergi、1894年11月16日 – 1972年7月27日)は、東京生まれのオーストリアの政治家。汎ヨーロッパ主義を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなった。そのため「EUの父」と呼ばれる。別名:青山栄次郎。
父はオーストリア・ハンガリー帝国駐日特命全権大使のハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵、母は東京牛込出身の日本人女性青山みつ(クーデンホーフ=カレルギー・光子)。父ハインリヒが在日中に、みつ(旧名)と出会い日本で結婚。クーデンホーフ=カレルギー夫妻の次男として東京府に生まれる(兄はハンス・光太郎)。ウィーン大学で哲学を学び、雑誌『Paneuropa』(汎ヨーロッパ) にてジャーナリスト・編集者として働く。1922年、フリーメイソンのロッジに参加し、その後もメイソンと接触していた。
スポンサーサイト



Designed by aykm.