FC2ブログ

うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
緑あふれる世界にしましょう
2011年5月4日(水)

みどりの日


ご来場のお客様に

ペチュニアの花の種をプレゼント♪

※ご来場のお客様1名につきお1つ/無くなり次第、終了になります。


昨年の「みどりの日」に、当館も属している映画館組合(品川支部)でプレゼントしました花の種。好評につき、今年も「みどりの日」にご入場されたお客様にお配りすることになりました。ペチュニアは育てやすいお花ということです。どうぞキレイに咲かせてください♪

花の種プレゼント♪

素敵な世界になるために

他のプレゼント劇場(※各劇場により数に限りがありますので、ご注意ください)
テアトル蒲田/シネマサンシャイン平和島/キネカ大森/品川プリンスシネマ/新橋ロマン・新橋文化劇場/シネマート六本木/俳優座劇場
和辻哲郎
我々は花を散らす風において歓びあるいは傷むところの我々自身を見いだすごとく、
ひでりのころに樹木を直射する日光において心萎える我々自身を了解する。
すなわち我々は「風土」において我々自身を、間柄としての我々自身を見いだすのである。

うっそうとしています

和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られる日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。その倫理学の体系は、和辻倫理学と呼ばれる。日本的な思想と西洋哲学の融合、あるいは止揚とでもいうべき境地を目指した稀有な哲学者と評価される。主著の『倫理学』は、近代日本における独創性を備えたもっとも体系的な哲学書のひとつであると言われている。

従弟に京都市長を務めた和辻春樹(船舶工学者)がいる。長女は尾高邦雄に嫁した。親戚に歌手のロミ山田がいる(ロミ山田の実父が和辻と従兄弟)。姫路市の主催で、和辻哲郎文化賞が、(生誕百年記念し1988年度より)毎年優れた著作に与えられている。蔵書は、法政大学図書館に所蔵され「和辻哲郎文庫」がある。
※上記の言葉は『風土』から引用。
Designed by aykm.