うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
村上春樹
いちばん大事なことはね、焦らないこと。
これが私のもうひとつの忠告ね。焦らないこと。
物事が手に負えないくらい入りくんで絡みあっていても
絶望的な気持ちになったり、短気を起こして無理にひっぱったりしちゃ駄目なのよ。
時間をかけてやるつもりで、ひとつひとつゆっくりとほぐしていかなきゃいけないのよ。
できる?

雨のしずく

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、米文学翻訳家、エッセイスト、ノンフィクション作家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。当時のアメリカ文学から影響を受けた文体で都会生活を描いて注目を浴び、村上龍とともに時代を代表する作家と目される。
1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起き、以後は国民的支持を集めている。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』など。日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人とする。2006年、特定の国民性に捉われない世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞を受賞し、以後ノーベル文学賞の有力候補と見なされている。デビュー以来翻訳の活動もしており、フィッツジェラルドの諸作品やレイモンド・カーヴァー全集のほか、多くの訳書がある。エッセイ、紀行文も多数。
※上記の言葉は「ノルウェイの森」から引用。
スポンサーサイト
ティム・オブライエン
すんなりと信じられるような話を聞いたら、眉に唾をつけたほうがいい。
真実というものはそういうものなのだ。
往々にして馬鹿みたいな話が真実であり、まともな話が嘘である。
何故なら本当に信じがたいほどの狂気を信じさせるには
まともな話というものが必要であるからだ。

デパートの展示物なんです

ティム・オブライエン(Tim O'Brien、1946年10月1日- )は、アメリカの作家。ミネソタ州オースティン生まれ。
1968年にマカレスター大学政治学部を卒業後、徴兵で陸軍に入隊しベトナムに送られた。1969年から1970年にかけて歩兵として戦闘に参加した。所属した第23歩兵師団の一部は、彼がベトナムに到着する直前にソンミ村虐殺事件を引き起こしており、作品中には事件への言及がみられる。兵役が完了した後、彼はハーバード大学大学院で政治学を学び、ワシントン・ポストで働いた。1973年に処女作となる『僕が戦場で死んだら』を刊行、1979年には『カチアートを追跡して』で全米図書賞を受賞した。彼は第一作目から一貫してベトナム戦争をテーマにしている。作品はオーソドックスな手法を用いて戦場の風景を描いた初期の短編から、逃亡兵たちが徒歩でパリを目指すマジックリアリズム的な全米図書賞受賞作、最近ではベトナム戦争とは直接関係が無いように見える作品『Tomcat in Love』と多岐にわたる。作品の一部は村上春樹によって翻訳されている。
※上記の言葉は「本当の戦争の話をしよう」から引用。

主な作品
『僕が戦場で死んだら』"If I Die in a Combat Zone, Box Me Up and Send Me Home" (1973)
『北極光(翻訳未刊)』"Northern Lights" (1975)
『カチアートを追跡して』"Going After Cacciato" (1978) 全米図書賞受賞
『ニュークリア・エイジ』"The Nuclear Age" (1985)
『本当の戦争の話をしよう』"The Things They Carried" (1990)
『失踪』"In the Lake of the Woods" (1994)
『恋に落ちたトムキャット(翻訳未刊)』"Tomcat in Love" (1998)
『世界のすべての七月』"July, July" (2002)
フィリップ・K・ディック
流れよ我が涙、汝が泉より流れ落ちよ!
永遠に流れて我を嘆かしめよ。
夜の黒き鳥、悲しく悪名を歌うところ、我をはかなく生かしめよ。

近未来の世界ではありません

フィリップ・キンドレド・ディック(Philip Kindred Dick, 1928年12月16日 - 1982年3月2日)はアメリカのSF作家。
ディックの小説は社会学的・政治的・形而上学的テーマを探究し、独占企業や独裁的政府や変性意識状態がよく登場する。後期の作品では、形而上学と神学への個人的興味を反映したテーマに集中している。しばしば個人的体験を作品に取り入れ、薬物乱用や偏執病・統合失調症や神秘体験が『暗闇のスキャナー』や『ヴァリス』といった作品に反映されている。1963年、歴史改変SF『高い城の男』でヒューゴー賞 長編小説部門を受賞。1975年、未知のパラレルワールドで目覚めた有名人を描いた『流れよ我が涙、と警官は言った』でジョン・W・キャンベル記念賞を受賞。「私は私が愛する人々を、現実の世界ではなく私の心が紡いだ虚構の世界に置いて描きたい。なぜなら現実世界は私の基準を満たしていないから」とディックはそれらの作品について述べている。「作品の中で私は宇宙を疑いさえする。私はそれが本物かどうかを強く疑い、我々全てが本物かどうかを強く疑う」ディックは自らを "fictionalizing philosopher"(小説化する哲学者)と称していた。44編の長編に加え(2010年1月現在)、ディックは約121編の短編小説を書き、そのほとんどがSF雑誌に掲載された。ディックは作家になってからはほぼ常に貧乏だったが、死後になって作品が『ブレードランナー』、『トータル・リコール』、『スキャナー・ダークリー』、『マイノリティ・リポート』といった映画になってヒットしている。『バルジョーでいこう!』(Confessions d'un Barjo )のような一般映画も、ディック作品を原作として生まれている。2005年、タイム誌が1923年以降の英米の小説ベスト100を掲載したが、そこに『ユービック』も含まれていた。2007年、ディックはSF作家として初めて The Library of America series に収録されることになった。
アメリカSFを全面批判した、ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムは、唯一ディックを称賛し、「ペテン師に囲まれた幻視者」と彼を評している。
代表作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」「高い城の男」
※上記の言葉は「流れよ我が涙、と警官は言った (Flow my Tears, the Policeman Said) 1974年」から引用。
クリスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ
愛とは何か、とお前はたずねる。
たちこめる霧に包まれた一つの星だ。

世界はふたたび始まるよう

クリスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine, 1797年12月13日 -1856年2月17日)は、ドイツの詩人、作家、ジャーナリスト。デュッセルドルフのユダヤ人の家庭に生まれる。当初は商人、ついで法律家を目指したが、ボン大学でA・W・シュレーゲルの、ベルリン大学でヘーゲルの教えを受け作家として出発。『歌の本』などの抒情詩を初め、多くの旅行体験をもとにした紀行や文学評論、政治批評を執筆した。1831年からはパリに移住して多数の芸術家と交流を持ち、若き日のマルクスとも親交があった。
文学史的にはロマン派の流れに属するが、政治的動乱の時代を経験したことから批評精神に裏打ちされた風刺詩や時事詩も多く発表している。平易な表現によって書かれたハイネの詩は様々な作曲者から曲がつけられており、今日なお多くの人に親しまれている。
ジョン・スチュアート・ミル
仮りに一人を除く全人類が同一の意見をもち、
唯一人が反対の意見を抱いていると仮定しても、
人類がその一人を沈黙させることの不当であろうことは、
仮りにその一人が全人類を沈黙させうる権力をもっていて、
それをあえてすることが不当であるのと異ならない。

異国のようであるが実は丸の内♪

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 - 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。
※上記の言葉は「自由論」(1859年) からの引用。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。