うさこ
『めしねぶ』

目黒シネマ公式ブログ
目黒から富士山
000000276.jpg

映画の初回上映が早いとき、出勤時間もとうぜん早くなります。
出勤時間が早いときにうれしいこと、電車が少し空いていること。
あと、
この時期に特別にうれしいことがあります。
目黒の隠れスポット苦笑。

富士山。

寒くなって空気が澄んでいる朝。行人坂からみえるんです。
行人坂は別名・富士見坂ともいわれているそうです。

せっかくの早起き。
出勤前に少し寄り道をして、今朝の富士山をカシャ♪
ここ何日かは雲に隠れて恥ずかしがっていましたが、やっと会えました。笑。

一応、ナイショにしていてくださいね。
明日から師走♪

000000279.jpg
カメラの日
おはようございます♪
今日11月30日は「カメラの日」♪
1977(昭和52)年のこの日、小西六写真工業(現在のコニカ)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ「コニカC35AF」を発売したことにちなんでいます。「ジャスピンコニカ」という愛称で呼ばれ、誰でもピンぼけせずに撮れるということで、それまでカメラに縁のなかった女性や中高年層の市場を開拓したそうです。なるほど。
ちなみに「カメラ発明記念日」というのは3月19日みたいです。
では「毎日誰かの誕生日」、今日バースデーを向かえる方々のご紹介です、

マーク・トウェインさん(作家。「トム・ソーヤの冒険」1876、「王子と乞食」1881)

ルーシー・モンゴメリーさん(作家。「赤毛のアン」1908)

林家ペーさん(落語家)

磯村一路さん(映画監督。『がんばっていきまっしょい』1998、『解夏』2004、『瞬またたき』2010)

満島ひかりさん(女優。『愛のむきだし』2009、『クヒオ大佐』2009、『川の底からこんにちは』2010)

宮崎あおいさん(女優。『NANA』2005、『少年メリケンサック』2009、『ソラニン』2010、『オカンの嫁入り』2010、『神様のカルテ』2011)

みなさん、おめでとうございます♪
エプロン☆HAPPY BIRTHDAY
000000269.jpg

000000272.jpg

先日、当館スタッフのエプロンちゃんのお誕生日でした。
少し遅れましたが、ささやかにケーキを食べました。おめでとうございます♪
この秋はなんの秋?
000000218.jpg

秋といえば。。。
食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋とさまざまですね。
目黒川もすっかり秋色に色づいています。

さて目黒シネマのスタッフに質問です。
この秋はなんの秋?


◇夕涼庵子◇「自転車の秋」
最近スポーツバイクを買いました。秋の風を感じながら、どこまでも行きたいです。
先日、朝イチで築地まで自転車で行き、海鮮丼を食べに行きました。もちろん絶品!

◇ジャンポー◇「しめじの秋」
今夏猛暑で野菜が高騰したので、しめじを毎日鍋や蒸して食べています。
しめじ・マイラブ♪

◇ゲッタウェイ◇「ゴッホの秋」
新国立美術館「ゴッホ展」に行きたい。あの力強い原色の荒々しい色彩が好きなんです。

◇映写技師デニーロ◇「アニメの秋」
フジ深夜「海月姫(クラゲヒメ)」というアニメにはまっています。とにかく面白い♪

◇映写技師パチ~ノことパンマス◇「新生活の秋」
結婚して妻と向かえる初めての秋。
近所の紅葉を手をつないで散歩して秋を感じたいです照。

◇エプロン◇「靴下の秋」
最近、靴下に魅了されています。水玉・花柄が好きで、
普段は見えないんですけど、時々チラリと見える感じがいいです。

◇小鳥◇「はいりの秋」
片桐はいりさん著「今夜もモギリよ、ありがとう」(キネマ旬報社)を読んでいて、
モギリの先輩として尊敬しています笑。

◇M支◇「カシャの秋」
愛用のカメラで素敵な写真を撮りたいです。


みなさまにとって、この秋はなんの秋ですか?

000001224.jpg
困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ (車寅次郎誕生日)
おはようございます♪
今日11月29日は山田洋次監督の『男はつらいよ』シリーズの寅さんこと「車寅次郎誕生日」とされているようです♪ 寅さん、大好きです♪
むかし松竹の映画館でアルバイトしていた頃、正月といえば「寅さん」でした。
毎年、とても多くのお客様が「寅に会いに来たよ」とか「寅ちゃん、寅ちゃん」とまるで実在している人のように、いえ、近所の親しい兄貴に会いに来るように映画館に来てくれていたことを思い出しました。場内では大笑い、立ち見のご案内をしても「そりゃあ~結構。やっぱり寅は人気あるね」と満面の笑顔♪
これほど愛されている主人公も映画もないと感じました。きっと寅さんはまだ旅の途中なのかもしれませんね笑。
では、寅さんのほかにお誕生日をむかえる方々を紹介いたします。こちらも豪華絢爛♪

西太后さん(清朝皇帝咸豊帝の妃で同治帝生母)

C・S・ルイスさん(作家。「ナルニア国ものがたり」シリーズ原作者)

田中絹代さん(女優。『愛染かつら』1938、『西鶴一代女』1952、『流れる』1956/日本で二人目の女性映画監督※6作品監督)

勝新太郎さん(俳優。『悪名』シリーズ、『座頭市』シリーズ、『兵隊やくざ』シリーズ)

ジャック・シラクさん(フランス大統領)

林家ペーさん(コメディアン)

沢木耕太郎さん(作家)

舛添要一さん(参議院議員)

尾崎豊さん(歌手)

田中淳之介(KAT-TUN)

みなさん、おめでとうございます。



わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。
帝釈天で産湯をつかい、姓は車、名は寅次郎。人呼んで”風天の寅”と発します。

(パ~パラララララ~~♪)

♪どうせ、おいらはヤクザな兄貴  わかっちゃいるんだぁ妹よ
 いつかお前が喜ぶような えらい兄貴になりたくて
 奮闘、努力の甲斐もなく 今日も涙の~
 今日も涙の日が落ちる 日が~落~ち~る~♪


では、せっかくなので「寅さん名言集」からいくつかご紹介します。
寅さんは愛と人生、そして義理人情の伝道師♪ 映画が観たくなりました♪



日本の男はそんなこと言わないよ。何も言わない、眼で言うよ。
お前のことを愛しているよ。すると向こうも眼で答えるな。
悪いけど、私あんたのこと嫌い。
するとこっちも眼で答えるな。わかりました、いつまでもお幸せに。
そのままくるっと背中を向けて黙って去るな。それが日本の男のやり方よ。


腹なんか空かない。
美しい恋をしていれば、一ヶ月ぐらい飯なんか食わなくたって平気だ。


寂しかったんだろう 一人ぼっちでな。
もう俺がついてるから大丈夫だ。


月にむら雲、花に風、一寸先の己れが運命
わからないところに 人生の哀しさがあります。


                 「人生に寅さんを。『男はつらいよ』名言集1&2」から
Designed by aykm.